ニュース&ブログ

看護師ブログ

2019年6月18日

看護師の彼女と付き合うメリットとデメリットを解説

モテる女性の職業で常に上位にある看護師ですが、「すてきな看護師の女性とお付き合いしたい」と考えている男性は多いでしょう。しかし、「看護師と付き合うと、デメリットもある」という話を聞いたことはありませんか?確かに、看護師と付き合うことで生じるデメリットはいくつかあります。しかし、デメリット以上に、メリットに感じることもたくさんあるのです。

 

この記事では、看護師と付き合うメリットやデメリット、看護師と出会う方法などについてご紹介します。すてきな看護師と付き合いたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

 

看護師と付き合うデメリット

 

 

まず、看護師と付き合うことで生じるデメリットからご紹介します。看護師と付き合いたいと考えている方は、このようなデメリットが生じる可能性があるということを理解しておきましょう。

 

休みが合わない

 

会社勤めの方の場合、仕事は平日で、土日や祝日は休みのことが多いでしょう。しかし、入院設備のある病院で常勤として勤務をしている看護師の場合、土日・祝日関係なく、昼夜問わず患者様の対応をする必要があります。そのため、24時間365日、交代制で勤務をしなければなりません。なかなか休みが合わず、デートの予定を立てることが難しい場合が多いです。

 

また、お盆や年末年始、ゴールデンウイークなどの大型連休も、看護師には関係ありません。全スタッフが同時に休むことはできませんので、少しずつずらして休みをとることになります。その際、必ずしも連休となるわけではありませんので、会社の休みに合わせて旅行を計画することはできません。

 

病院勤務の常勤看護師と付き合うのであれば、カレンダー通りの休みでないということをしっかり理解しておきましょう。

 

仕事終わりに会うことが難しい

 

仕事が早く終わったとき、「ちょっと食事でも…」と誘うこともあるでしょう。しかし、看護師の場合、仕事終わりにはなかなか会うことが難しいかもしれません。

 

2017年に医労連が行った調査によると、73.9%もの看護師が、就業時間後に30分以上の残業を行っているということがわかりました。中には、就業後に120分以上残業を行っている看護師もいます。

 

【参考サイト】 医労連 2017年看護職員の労働事態調査結果報告

 

緊急入院の対応や急変の対応、記録の記載、勉強会の資料作りなどにより、なかなか就業時間内に仕事が終わることはありません。せっかく誘っても、仕事中で連絡すら取ることは難しいでしょう。

 

また、看護師の仕事は非常にハードのため仕事終わりに会う体力がないかもしれませんし、髪はぼさぼさ、メイクは汗で落ちてしまっているということも。そのため、仕事終わりに誘われても、会うことを断られてしまう可能性も非常に高いです。

 

「白衣の天使」のイメージとは違う

 

看護師というと、「風邪をひいたらやさしく看病してくれて、悩みがあったら優しく聞いてくれて…」というイメージを持つ方は多いです。確かに、患者様に対してはこのような対応をします。しかし、仕事だからこのような対応をしているのです。

 

看護師全員が、お付き合いをしている男性にこのような優しい対応をするわけではありません。風邪をひいても「ゆっくり寝たら治るよ。私にうつさないでね」など、イメージとは違う対応をされることもあるでしょう。

 

金銭感覚がずれている

 

日本看護協会の発表しているデータによると、大卒新卒看護師の給料(税込み)の平均は271,381円、勤続10年の給料(税込み)の平均は322,111円ということがわかりました。

 

【参考サイト】日本看護協会 看護師の給与データ(2018年版)

 

一般企業で勤務をしている同年代の女性と比較すると、看護師のほうが多く給料をもらっているでしょう。そのため、休みのたびにエステや美容院などでリフレッシュをする、ボーナスのたびに高級ブランドのバッグや財布を購入する、高価な化粧品などを購入するなど、同年代の女性とは少し金銭感覚がずれている可能性があります。

 

もちろん、看護師全員の金銭感覚がずれているというわけではありません。しかし、中には金銭感覚が大きくずれている看護師もいますので、お付き合いをする前に金銭感覚も確認するといいでしょう。

 

気が強い

 

「看護師として働いている女性は、だれに対しても優しくて、癒し系で…」というイメージを持っている男性は少なくありません。もちろん、だれに対しても優しくて、癒し系の看護師もいます。しかし、過酷な現場で昼夜問わず働いていること、様々な患者様の対応をしていること、てきぱきと物事をこなすこと、的確な意見を結論から言うことなどが原因で、少しずつ気が強くなってしまっているのです。

 

漫画やドラマのような、優しくて癒し系のイメージをもって、看護師と付き合わないほうがいいのではないでしょうか。

 

看護師と付き合うメリット

 

 

看護師と付き合うデメリットから紹介しましたが、もちろん看護師と付き合うメリットがデメリット以上にあります。どのようなメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

 

大きな病気やケガをしたときは頼りになる

 

先ほど、デメリットの部分で風邪をひいたときは冷たい対応をとられてしまう可能性があるということを紹介しました。しかし、入院が必要な病気などの大きなけがや病気をしたときは、とても頼りになる存在です。

 

質問をすると専門的な知識や受け持った患者様の例から的確なアドバイスをもらうことができますし、どのような経過をたどるのか、どのような治療が必要になるかなど、様々なことを教えてもらうことができます。病院の医師や看護師に聞きそびれた疑問点も、看護師の彼女がいればいつでも確認することができるため、不安の解消にもつながるでしょう。

 

安定した収入がある

 

病院で常勤として勤務している看護師の場合、女性の職業の中では比較的高い給料をもらっています。また、総合病院で勤務をしている方の場合、ボーナスの支給や福利厚生も充実している場合が多く、安定した収入を得ることができます。

 

安定した収入がありますので、交際費すべてを男性が負担することになる可能性は低いでしょう。勤続年数に比例して、少しずつ基本給もアップしますので、毎年年収もアップします。そのため、結婚後は金銭面の不安もあまりなく、大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

 

毎週末必ず会わなくていい

 

デメリットの部分でも紹介しましたが、病院で勤務をしている看護師は、カレンダー通りに休むことはできません。また、昼夜問わず、交代制で勤務をする必要もあります。男性側が休みでも看護師の女性は仕事ということが多いため、なかなか会うことができず、寂しいと感じる方もいるでしょう。

 

しかし、「毎週末二人で過ごすのは面倒」と感じている方もいるのではないでしょうか。紹介している通り、看護師は毎週末休みを取得できるわけではありません。そのため、毎週末必ず一緒に過ごす必要はなく、自分の時間を持つことができます。趣味や仕事のスキルアップなどにも時間を使いたいという方にも、看護師と付き合うことがおすすめです。

 

周りからの印象がいい

 

看護師に対する悪い印象を持っている方もいますが、多くの方が看護師には好印象を持っています。そのため、「看護師の女性と付き合っている」と言うと、周りからうらやましく思われることが多いでしょう。

 

男性の中には、お付き合いしている女性もステイタスの一つと考えている方もいます。「彼女は何の仕事している人?」と聞かれた際、少し優越感に浸ることができるのではないでしょうか。

 

結婚後も働きやすい

 

現在、日本では看護師不足が深刻化しています。そのため、多くの病院で常に看護師の募集がされている状況です。

 

「結婚後は仕事を辞めて家事に専念してほしいけど、子育てが落ち着いたらまた働いてほしい」と考えている方はいませんか?男女問わず、いったん退職すると再就職は難しいとされています。しかし、先ほど紹介したように、看護師不足が深刻化している状況です。そのため、いったん退職しても、いつでも再就職できます。

 

「子育て中だと、保育園不足で再就職ができないのではないか」と考えている方もいるでしょう。最近は、多くの病院で未就学児の利用できる院内保育所が完備されています。また、病児保育を行っている病院や、学童保育を行っている病院も増えています。そのため、小さなお子さんを育てている方も、働きやすい環境が整っているのです。

 

さらに、看護師は常勤だけでなく、「日勤常勤」「夜勤専従」「日勤パート」「夜勤パート」など、様々な働き方があります。ライフスタイルの変化に合わせて勤務方法を変えることができるという点も、看護師と付き合うメリットと言えるでしょう。

 

看護師と出会う方法

 

 

 

では、どのようにすれば看護師と出会うことができるのでしょうか。いくつか紹介しますので、参考にしてください。

 

友人に紹介してもらう

 

最も手軽に看護師と出会う方法は、友人に看護師の女性を紹介してもらう方法です。友人であれば好みの女性のタイプも伝えやすいため、タイプからかけ離れている女性を紹介されることはありません。スムーズにお付き合いまで発展するのではないでしょうか。

 

婚活パーティーに参加する

 

看護師は職場での出会いが少なく、仕事が忙しいためなかなか男性と出会うことができません。少しでも効率よく男性と出会うために、婚活パーティーに参加している看護師が意外と多いです。

 

参加した婚活パーティーに必ず看護師が参加しているというわけではありませんが、一度参加してみてはいかがでしょうか。

 

看護師を対象としたマッチングサービスを利用する

 

最近は様々なマッチングサービスがありますが、看護師を対象としたマッチングサービスがあるということをご存知でしょうか。女性は看護師か看護学生のみしか利用できないので、最も確実に看護師の女性と出会うことのできる方法です。

 

入会条件や利用料金などをしっかり確認し、利用するようにしましょう。

 

最後に

 

 

いかがでしたか?看護師と付き合うメリットやデメリット、看護師と出会う方法などについて紹介しました。

 

看護師と付き合うことでデメリットに感じる部分もありますが、それ以上にメリットがあります。しかし、なかなか看護師の女性と出会うことは難しく、どのようにすれば出会うことができるか悩んでいる方もいるでしょう。

 

看護師の女性と出会うには友人からの紹介や婚活パーティーに参加するなどの方法があります。ですが、確実に看護師の女性と出会うためには看護師を対象としたマッチングサービスを利用することがおすすめです。

 

ホワイトパートナーズ】は看護師専用のマッチングサービスです。女性は看護師か看護学生しか利用することはできません。そのため、確実に看護師の女性と出会うことが可能です。

 

男性は上場企業・外資企業・経営者・弁護士・会計士・税理士・公務員・年収700万円以上のいずれかを満たす方のみが利用することができます。この条件に当てはまる方は、是非とも【ホワイトパートナーズ】に登録してみてはいかがでしょうか。

 

看護師限定のリアルなイベントは >>>

 

ニュース&ブログ 一覧へ戻る