ニュース&ブログ

看護師ブログ

2019年12月12日

【サラリーマン×看護師の結婚】成功させるためのポイントは?

看護師は非常に多忙です。そのため、恋愛したくても病院の外で出会うきっかけがなかなかありません。しかし、看護師の方は「結婚するなら、医療関係者以外のサラリーマンの人がいい」と考える方が少なくないはずです。

 

なぜ結婚相手は医療関係者医以外の方がいいのでしょうか? また忙しい看護師が出会いの場を広げるために大切なこと、結婚相手に理解してもらっておいた方がよいことをご紹介します。サラリーマンとの結婚にあこがれのある方は、ぜひ参考にしてください。

 

なぜ医療関係者以外がいいの?

 

 

病院には、医師や看護師だけでなく、栄養士や薬剤師、理学療法士やソーシャルワーカーなど、たくさんの職種の方がいます。では、なぜ医療関係者以外と結婚したいと考えるのでしょうか。

 

① 休みを合わせにくいから

 

常勤の看護師の場合、日勤だけでなく夜勤もこなし、さらに土日や祝日、大型連休も関係なくシフトが組まれます。休み希望は月に2~3日しか出すことができません。そのため、「休みを合わせやすい人と結婚したい」と考えてる看護師は多いでしょう。

 

例えば同じ看護師同士で結婚した場合、お互いシフト制のため「今週、あまり顔を見ていない」ということもあるでしょう。もちろん医師も多忙なので、共有できる時間が少なくなります。

 

② 休みの日まで仕事の話をしたくないから

 

結婚して間もない時期であれば、趣味や今後の生活など、さまざまな話をするでしょう。しかし、結婚生活が長くなると、家庭でも仕事の話をする時間が長くなるかもしれません。

 

お互いが医療関係者なので、仕事の話になるのは自然なことです。もちろん、同業種なので的確なアドバイスができ、お互いが刺激になればスキルアップできるでしょう。

 

しかし、せっかくの休日に仕事の話ばかりでは、気持ちが休まりません。そのため、仕事とプライベートをきっぱり分けたいと考える人は、医療関係者以外のパートナーを探しているのです。

 

③ 同じ職場だと気まずいから

 

規模が大きな病院なら、多くの異性と出会う機会があります。そのため、同じ職場の方と交際に発展することもあるでしょう。

 

しかし、どんなに気をつけていても、二人の関係はいずれバレてしまうでしょう。一度バレてしまったら、違う部署のスタッフに知られるのは時間の問題で、さらに患者にもうわさが広がってしまうかもしれません。交際が順調であればいいのですが、別れてしまった場合はお互いが気まずくなってしまいます。

 

別れたときや何かトラブルがあったときのことを考え、同じ職場の医療関係者とは深い関係にならないようする看護師もいるでしょう。

 

④ 違う職場の医療関係者とは出会う機会がないから

 

同じ職場の恋愛は気まずいと感じる方がいます。では、違う職場の医療関係者ではどうでしょうか。

 

そもそも、違う職場の医療関係者とは出会う機会が非常に少ないです。医療機器や医療物品のメーカーさんと関わることがあっても、業務以外の話はしません。外部の勉強会でも、ディスカッションをすることはあっても、連絡先の交換までできる方は少ないでしょう。

 

もし機会があるとすれば友人の紹介が一番確実です。他の病院で働く友人に、同僚を紹介してもらうのです。医療関係者との恋愛を希望している方は、看護師の友人に声をかけてみましょう。

 

⑤ 良いと思った人はすでに結婚しているから

 

医療関係者は、同年代の方よりも比較的高収入です。そのため、若くても安定した生活ができるため、早いうちから結婚を意識する方もたくさんいます。中には学生時代の恋人と、就職後すぐに結婚するという方もいるでしょう。

 

同じ病院で勤務する医療関係者の中には、「素敵だな」と感じる方もいるでしょう。しかし、その人にはすでに相手がいるかもしれませんよ。

 

出会いの場を広げるためには

 

 

看護師は非常に多忙のため、なかなか職場以外で男性と出会う機会がありません。では、どうすれば素敵な人と出会えるのでしょうか。出会いの場を広げる方法を紹介します。

 

友人に紹介してもらう

 

一番確実に素敵な男性と出会う方法は、友人の紹介です。好みのタイプを伝えておけば、理想に近い男性を探してくれるでしょう。仲のいい友人に、男性を紹介してもらえないか、声をかけてみてはいかがでしょうか。

 

合コンに参加する

 

恋人を探している人に、合コンに誘われることはありませんか?もし、あなたが合コンの経験がない場合「素敵な人がいるかわからないし」と、合コンの参加をためらうこともあるでしょう。

 

しかし、合コンは普段接点のない方と知り合うことができます。初対面の相手でも、友人が同席しているので安心です。結果的として交際に発展しなくても、人脈は広がります。知り合った方があなたに合う男性を紹介してくれることもあるでしょう。

 

合コンのお誘いがあれば、勇気を出して参加してみてください。

 

街コンに参加する

 

街コンは最近目立って開かれている大規模な合コンです。出会いだけではなく地域振興も目的とされています。地域の複数の店舗を合コン会場として共有し、参加者は数十名から多いと千人規模になることもあります。

 

非常に多くの参加者の中から、理想の相手を探すのは難しいかもしれません。しかし、短時間でたくさんの異性と出会うことができるのがメリットと言えます。今まで出会うことのなかったタイプの方とも出会うチャンスが多いでしょう。

 

2人1組での参加が条件の場合があります。出会いを広げるために、仲の良い友人や同僚を誘って、一緒に参加してみましょう。

 

マッチングアプリを使用する

 

マッチングアプリを利用した経験はありますか?「マッチングアプリは、サクラが多いのではないか」、「危険に巻き込まれそうで怖い」など、マッチングアプリにはネガティブなイメージを持っている方もいるでしょう。

 

しかし最近は身元や年齢をしっかり管理しているアプリも増えてきました。特に大手企業が運営しているマッチングアプリは、安心して利用できるでしょう。

 

中には危険なアプリもあります。登録をする前に、安全性をしっかり確認しましょう。

 

相手に理解してもらっておいた方がよいこと

 

 

異業種の仕事内容はなかなか分からないものです。特に看護師の仕事内容は複雑で勤務もシフト制なので、異業種の人からは「看護師はいつも忙しそうだな」と思われるでしょう。

 

結婚してから看護師の仕事内容について誤解が生じないよう、あらかじめ説明しておくことが大切です。結婚を考えているパートナーに理解して欲しい点をご紹介します。

 

① 身体的にも精神的にもハードということ

 

ドラマや映画では、看護師は患者に笑顔で寄り添っている姿や、談笑しながら検温をしている姿などが取り上げられることがあります。そのため、看護師の仕事内容について詳しくない方は「看護師って、意外とラクなのでは?」と思うかもしれません。

 

しかし、実際はナースコールに迅速に対応し、患者の移乗介助や体位変換など力仕事が多いです。パワハラをする上司や、暴言・暴力をふるうモンスターペイシェントがいれば人間関係に精神をすり減らすこともあるでしょう。

 

そのため、看護師の仕事は身体的にも精神的にも非常にハードな仕事なのです。「ドラマや映画で使われているシーンだけが、看護師の仕事ではない」ことを理解してもらいましょう。

 

② 不規則な勤務であるということ

 

多くのサラリーマンは、週末ごとに休日があり勤務時間も定時です。しかし、病院でフルタイム勤務をする看護師は、日勤の他に夜勤があり、休日もシフト制で定まっていません。もちろん、ゴールデンウィークや年末年始の大型連休も関係ありません。

 

パートナーには会う時間がなかなか取れないことを分かっていてもらいましょう。

 

③ 休みの日にも研修や病棟会などに参加することがあるということ

 

規模が大きな病院は、院内研修や委員会、係活動、病棟会など、さまざまな活動があります。しかも、休日や勤務後、連休の中日にこれらの日程とかぶってしまうこともあります。また、院外の研修で出張になることもあるでしょう。

 

休日が潰れてしまう事情をきちんと説明し、理解を得るようにしましょう。

 

④ 必ず希望日に休めるとは限らない

 

旅行を計画する際、相手の方の休みに合わせてほしいと相談されることもあるでしょう。

 

しかし看護師はスタッフ全員の予定を考えながらシフトが組まれるため、「休み希望は1ヶ月間に3日まで」など、規制が設けられている場合があります。また、年末年始やお盆、入学式や卒業式の時期は、休み希望が多いです。休み希望が多い日は話し合いや抽選になってしまうため、休日の希望がかなわないこともあります。

 

必ず希望通りに休めるとは限らない事情も、しっかり理解してもらった方がいいでしょう。

 

⑤ 勤務している診療科以外の医療や看護に関する知識は乏しい場合もある

 

看護師になるために、専門学校や大学で幅広い分野の医療を学びます。しかし、職場では学んだ知識すべてを使うわけではありません。そのため、所属している診療科の知識は深まるけれど、他の診療科のことは全く覚えていないという方も多いでしょう。

 

しかし、医療関係者以外の方は「看護師だから病気に詳しいはず」と思っている場合も少なくありません。そのため、病気や健康についてアドバイスを求められることもあるでしょう。

 

やたらと病気のことを聞かれて困ることがないように、適度にアドバイスをするだけにとどめ、きちんと病院で診察を受けることを勧められるようにしましょう。

 

最後に

 

 

なぜ結婚相手を医療関係者以外から選ぶメリットや、忙しい看護師が出会いの場を広げるために大切なこと、結婚相手に理解してもらっておいた方がよいことを紹介しました。

 

「お互いの仕事について理解を得やすい」という理由で医療関係者と結婚をする方もいますが、休みの合わせにくさや家庭と仕事をきっぱり区別するため、サラリーマンの方との結婚を希望する方もたくさんいます。看護師が医療関係者の方以外と出会うためには、友人の紹介や合コンを利用して、交流を広げることが一番の近道です。

 

また、サラリーマンの方は、看護師の仕事をなかなか理解できないものです。そのため、身体的にも精神的にもハードな仕事で、不規則な勤務であることをしっかり説明し、結婚までに理解してもらえるようにしましょう。

 

マッチングアプリを利用することで、出会いの場を広げることができると紹介しました。しかし、「本当に安全か」「素敵な男性はいるのか」と不安に感じ、なかなか利用に踏み切ることができないという方も多いでしょう。そんなあなたにはぜひ【ホワイトパートナーズ】というマッチングアプリをご紹介させてください!

 

ホワイトパートナーズ】は、女性は看護学生か看護師のみ利用できる、看護師限定の婚活サイトです。男性は、上場企業・大手企業・外資企業・経営者・弁護士・会計士・税理士・公務員・年収700万円のいずれかに該当した方しか利用できません。身分証と職業証明書の提示が必須となっているため、安心です。また、月会費やメッセージの返信は無料です。空いた時間に気軽に利用できるため、忙しい看護師にもぴったりです。

 

理想の相手を探している方は、ぜひホワイトパートナーズを利用してみてくださいね。

 

〜カップル実績①「看護師 Kさん 29歳 墨田区 女性」〜

 

〜カップル実績②「公務員 Sさん 36歳 千葉県 男性」〜

 

〜カップル実績③「大手企業 Mさん 32歳 太田区 男性」〜

 

〜カップル実績④「看護師 Kさん 27歳 江戸川区 女性」〜

 

マツコでも話題!

看護師限定のリアルなイベントは >>>

 

ニュース&ブログ 一覧へ戻る